発売日2022/08/12
カテゴリシチュエーション 
レーベル暗黒 
品番ankokuz-0008
ぱいぱいでか美大生 画像1
ぱいぱいでか美大生 画像2
ぱいぱいでか美大生 画像3
ぱいぱいでか美大生 画像4
ぱいぱいでか美大生 画像5

みなさま、こんにちは。おじさんの悪行は留まることを知らず、どれだけの人数が犠牲になっているのか想像するだけでも病んできます。とは言っても、おじさんの映像を待って頂いてる方がいらっしゃることも事実であり、お届けするのは私の責務だと考えております。さて、今回は某レンタルビデオショップにいた女性がターゲットとなりました。金髪、メガネ、ベレー帽と巨乳という組み合わせのエキセントリックな風貌の女。いかにも美大生っぽくて住む世界が違う、普段だったら近寄ることができないタイプであることは間違いありません。どうせ令和の現在にゴ○ールとかフェ○ーニとかが好きとか言って同級生に「は?何それ?」って言われることで自分は人と違うと映画マウンティングを取って来る女に違いなく、そんな女がおじさんにボロボロにされるのはざまあみろ感があって初めておじさん頑張れと応援モードになりました。しかもアート系の女は痩せて貧乳が相場なのに、この女ははち切れんばかりのムチムチボディということが丸わかりです。ヤンキー東大生みたいなギャップを狙ってるんでしょうが、おじさんの餌食になればただのムチムチ巨乳オナホになるだけです。今回おじさんが呼んだ連れは初めて見る男で、飲み屋で出会った奴だと後から聞きました。こんな異常な状況に臆することもなくガサツに女を使っていく感じ。類は友を呼ぶという言葉がぴったりです。しかもこの女、×××が効きやすい体質なのか、反応がめちゃくちゃ良くて陸に打ち上げられた魚みたいな感度。服を着ていた時のアート感は全くなく、完全にメス女でしかありません。おじさんがこの女の本性を見抜いた上でロックオンしたのなら、おじさんの審美眼に改めて驚かされます。アートぶってる女は性欲薄いという定説を見事にひっくり返しました。今回も罪悪感を感じながらシコりまくりました。この映像を少しでも多くの人に見てもらいたいという思いと裏腹に、あまり拡散されると必ずマズいことになるので広めないで欲しいという気持ちもあります。お願いです。こっそり共有しましょう。<収録内容>00:00~某レンタルショップで女を発見する。ロックオン、尾行開始。アート系な巨乳女。05:14~公園で絵を描き出す。隙を見て×××を注入。飲むのを確認。バスに乗り込む。09:34~チカン。スカートを逆さ撮りする。服越しにお尻を触る。11:00~ストッキングに手を突っ込み、パンツ越しにアソコをいじる。12:27~パンツに手を突っ込み、手マンする。14:24~パンツを脱がし、指でアソコを責める。15:36~玩具をアソコに押し付け、バイブを女性器に挿入してイかせる。抜いたと同時に失禁。19:20~バスを降りる。フラフラになって歩く。うずくまる女を確保。20:57~セーフエリアに移動。マスクをずらし顔を確認。でかパイを確認。22:03~女の股間をアップで映し、匂いを嗅ぐ。電話をかけて連れを呼ぶ。女を引きずる。24:20~秘密の場所に移動。連れの男が服越しに両手で胸を揉む。でかパイ。25:54~タイツ越しに足の指を舐め、足指で乳首を刺激する。27:01~ブラをめくって露出させた乳首を舐める。28:49~タイツを脱がし、パンツをずらしてアソコを指で責める。31:15~両手でお尻を揉みしだき、押し広げたアナルを撮影する。32:13~キスをアップで撮影しながら手マンで責める。33:46~胸を揉みしだきながら手マンでイかせる。35:31~手を持ってペニスを握らせる。口にペニスを突っ込む。38:29~69の体勢で腰を動かしながら口まんこ。女にチンコを噛まれて悲鳴をあげる連れの男。39:37~起き上がらせてフェラさせる。おじさんが協力。41:07~正常位挿入。激しくヨガって動き回る女。感度最高潮。43:15~寝バック挿入。よだれをたらしてイキまくる女。のけぞりイキ。45:11~お尻に顔を埋めてクンニし、再度挿入。47:53~痙攣イキする女にぶっかけ射精する。49:25~両人差し指で乳首を弄ってイかせる。50:19~手マンで潮を吹かせる。大漁。51:44~またがらせた女を激しく上下に動かす騎乗位。おじさんも協力。のけぞって後ろに倒れる。53:44~側位で挿入。胸を揉みながら腋を舐める。揺れるでかパイ。56:30~大股を開かせてクンニする。軟体ボディ。57:59~両脚を抱え込むようにし、正常位挿入。締まる膣。揺れる巨乳。59:08~のしかかってピストンし、ダメ押しの中出し射精。現状復帰で服を着せる。

ぱいぱいでか美大生

DUGAウェブサービス

『オススメ記事』
『新着リンク記事』

X(旧Twitter)⇒

おすすめ記事